自然派化粧品や無添加化粧品の基準とは?

イメージだけが先行する自然派、無添加という言葉

自然派コスメ

「自然派化粧品」や「無添加化粧品」とどう違うの?という質問をよく受けます。

 

これらは添加物は入っていないというイメージがあり肌に優しいというイメージが強いです。
しかし、厚生労働省は無添加や自然派の定義について明確な基準は設けてないのです。

 

 

まず無添加化粧品ですが、添加物が一切入っていないという印象を受けます。

 

2001年に旧厚生省が定めた石油合成成分(有害化学物質)で皮膚障害を起こす可能性のある成分の中で、過去にアレルギーや皮膚毒素、発ガン性等の報告から表示が義務付けられた成分である「旧表示指定成分」が含まれていない場合を「無添加」というメーカーが多いようです。

 

つまり無添加=「合成成分は一切入っていない」ということではないのです。

 

一方自然派化粧品ですが、植物エキスが少しでも含まれていれば「自然派」と表記するメーカーが多いようです。

 

また植物エキスを抽出する際に合成溶剤表記のを使用している場合もあります。これらも表示の義務がないので使っていても「自然派」と書くことができます。

 

パッケージやイメージだけで選ばない

安全なイメージがするパッケージのデザインも多いですが、しっかりラベルの表示を見ることが大切です。

 

その商品がどういった工程で作られているのか、栽培されているのかをしっかりチェックしましょう。

 

自分の肌を守るには他人任せにするのではなく自分自身で調べて責任を持って選ぶことが「肌を大切にする」といういうことになると思っています。


HOME