ノンケミカル スキンケア

最近よく聞くケミカルって?

ケミカルは簡単にいえば化学物質のことです。

 

ですから「ケミカルフリー」や「ノンケミカル」「脱ケミカル」というのは化学物質を使っていないという意味になります。

 

最近では化学物質をが与える肌の影響が考えられるようになり、化学物質不使用の化粧品が注目を集めるようになりました。

脱ケミカルを目指す人こそオーガニックコスメを

ノンケミカルなスキンケアをしたいという人には極力化学成分を使わず植物本来の力を生しているオーガニックコスメを使ってもらいたいです。

 

 

私ははじめオーガニックコスメへのこだわりはありませんでした。
ただ「合成界面活性剤」が肌に良くないと聞き、できるだけ化学物質を使っていない化粧品を使いたいと思ったのです。

 

しかし、この「化学物質を使っていない化粧品」を突き詰めていくとオーガニックコスメに辿りつくんです。

 

無添加化粧品や自然派化粧品はケミカルフリーなのか

 

世の中には「自然派化粧品」や「無添加化粧品」といったものも売られています。

 

無添加化粧品と聞くと一切合成成分が入っていない印象を受けてしまいます。

 

しかし実は化粧品に配合されている成分はすべて表示する必要はありません。
アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性がある「旧表示指定成分(※)」を除いたものだけ表示しれば良いという決まりになっています。

 

つまり無添加=「合成成分は一切入っていない」ということではないのです。

※表示指定成分とは

2001年に旧厚生省が定めた石油合成成分(有害化学物質)で皮膚障害を起こす可能性のある成分の中で
、過去にアレルギーや皮膚毒素、発ガン性等の報告から表示が義務付けられた成分のこと

 

 

自然派化粧品の定義は?

 

一方自然派化粧品も植物エキスが少しでも含まれていたら「自然派」と表記するメーカーが多いようです。

 

こちらも表示する義務のない化学成分を配合しても「自然派化粧品」と名乗ることは自由だということです。

 

 

ケミカルフリースキンケアを目指すなら

 

本当のケミカルフリーなスキンケアを目指すなら、化学成分を一切使わずきちんと原材料の出荷元が分かる化粧品を使うこと。
原材料に農薬が使われていたらそれはもうノンケミカルではありません。

 

 

もう一つの方法は手作りコスメをつかうこと

 

自分でつくれば原材料や製造過程が分かります。
最近ではネットで検索すれば、手作りコスメの作り方がたくさん載っています。

 

ただやはりデメリットもあります。

 

消費期限が短くなること

市販されているものはきちんとした無菌状態で製造されますが自宅でコスメをつくるとなれば絶対にそんな清潔な環境は作り出せません。
また、容器もメーカーがつくったものであれば長持ちするよう工夫してつくられてありますが、自分でつくれば容器は専門のものは使用できません。

 

無菌状態をつくれるというメーカーの強みは大きいです。

 

やはりプロにはかなわない

 

化粧品メーカーのほうは日々研究を重ねて実験を繰り返して世に商品を販売しています。
スキンケアに対する知識はやはり豊富です。

 

また、使用している植物もなかなか自分では手に入りにくいものが多いです。
肌の力を再大限に引き出す植物をメーカーは研究実験のデータから使用しているのです。

 

 

 

ケミカルフリーのスキンケアを目指すのであれば、まずはオーガニック化粧品、手作りコスメそれぞれのメリット・デメリットを選択したうえで使っていきましょう。

 

 

 

 


HOME